つくる人

木材へのこだわり

木を知ることから、いい家づくりははじまります。気持ちのいい木の家io は、特に国産の天然木のなかでも最高級にあたる、東濃ひのきを使っています。そんな東濃ひのきを、土台としても、通常の木造家屋より太いサイズで使用することで、家を丈夫で長持ちするつくりにします。

木造建設のベテラン

いい木を、いい腕前の大工が建てる。建設会社に専属のベテラン大工が何人もいるのはめずらしいのですが、安水建設では、それが当たり前。神社からの仕事も請けるし、宮司さんの家も建てているという、まさに宮大工の腕前。大工たちは、柱にさわるだけでも気を使います。東濃ひのきを使用している柱も、杉の無垢材のフローリングも、仕上がりが美しいのは、つねに気を配り、思いを込めて建てているからです。

施行後のフォロー

安心とは、建てて終わりではありません。安水建設では免震に力を注いでいて、ioを免震工法で建てるオプションを用意しておりますが、さらに建てたあとのフォローも徹底しています。
竣工後3か月、6か月、そして1年以降も毎年訪問して、家に不具合はないか見守り続け、安心を支えます。

安水建設のこと

1991年8月設立。愛知県内西三河地域を中心に、「心のこもった家づくり」をモットーに、伝統の工法とハイテクを調和させたこだわりの住まいを提供しています。ISO9001認証取得。
安水建設のサイトへ