愛知県安城市の工務店

木造注文住宅・リフォーム・リノベーション

tel_img
  • tel
  • 営業時間 8:00 - 17:30

TOP > おすすめ情報

works
  • staff
  • craftsman
  • company
  • faq
side_modelhouse
  • kuramise
  • acemikawa
  • booklet
  • blog
  • woodpita
  • geoforte
  • propertyon
  • 友だち追加

家の断熱性能を上げるにはどうすればいい?!

2018.03.12

冬が寒いのは仕方がないことですが、部屋の中もすごく寒い!なんでこんなに寒いんだろうと思ったことはありませんか?

 

寒い冬も(暑い夏も)一年中快適に過ごすには、家の「断熱」、つまり家の基本性能が何より重要なんです!

では、家の断熱性能を上げるためには、どうしたらいいのか・・・・・。

家の壁に入っている断熱材を厚くすれば、断熱性能が上がるとふつうは思いますよね。。。

ただ、今の新築住宅にはある程度の性能をもった断熱材が入っているため、そこからさらに断熱性能をあげようとすると、コストと手間がかかりやすいのです。

 

そこで、断熱材以外に家のどの部分の性能を上げれば断熱性能が上がりやすいのでしょうか?

 

それは、

 

「窓」です!

 

冬の暖房時に窓から逃げる熱は約58%、夏では73%の熱が窓から入っていると言われています。

どの窓を選ぶかによって大きく性能に差が出てきます。

どんな種類のサッシがあるか、代表的なサッシを性能順で並べると

アルミサッシ→アルミ樹脂複合サッシ→樹脂サッシ→木製サッシ

の順で性能がよくなっていきます。

 

弊社の標準サッシは「アルミ樹脂複合サッシ」です。

室外側に耐久性の高い「アルミ」を、室内側に熱が伝わりにくい樹脂を使ったサッシになります。

アルミの弱点を補ったサッシになっています。

 

より断熱性能の高い家をお考えの方は、断熱材の種類・厚みをグレードアップさせるより、窓のグレードアップさせた方が簡単に断熱性能を上げることができます。

家の性能が気になる方は、窓のグレードアップを意識してもいいのではないでしょうか?!

 

断熱性能のいい家で、一年中快適な生活をおくりましょうsun

 

 

 

goTop